世界を股にかけるヲタク

カリスマがおしえてくれること

 

よく当たる占い師さんがいる! ゴッドハンドのエスティシャンがいる!

そう聞いて行きたくなる気持ちはわからないでもありません。

 

しかし、この世は二元論の世界、特に現代人は二元論で生きています。

簡単にいうと送信者と受信者は別の人間であるということです。

 

人間のカラダや感覚は人それぞれです。

同じ作業をしても機械のように同じ結果にはなりません。

 

だからカリスマがパワーを送っても受け取る側によって差が生じます。

注ぐ器が大きくても、受け取る器が小さければ、その分量しか受け取れません。

 

だから、あちこちドクターショッピングするよりも、自分の器を大きくする努力をした方がいい。

 

自分の感性によって、いつでもどこでも誰からでもなんでも受け取れます。

 

お、いいこと言った。

 

問題は常に自分の中にあります。

 

この世の創造主は自分です。

 

それがわかれば足りないものはなくなります。

 

カリスマに会いたい、カリスマからパワーを受けたい、カリスマから習いたい、それは自分が無力だと言っているのと同じです。

 

私が今学んでいる解剖学の師匠が教えてくれるのは、正しい骨と筋肉の位置だけです。

 

師匠は天才であり、博学であり、研究者であり、達人であり、ヲタクであり、間違いなくスゴイ人で日本の宝です。

 

でも、何を感じ、何を学び、何を受け取れるかは、門下生次第です。

 

先輩に聞きまくっても、自分に資質がなければわかりません。

 

だから稽古して資質を磨きます。

 

本物のカリスマは意外と何も教えてくれません。

 

それは本物のカリスマが、学びの真理をわかっているからだと思います。

 

教えてくれていないように見えて、全部教えてくれているのだと思います。

 

カリスマはただいるだけ。

 

在り方ですべてをつたえているのです。

 

それを感じとれるようにするのが稽古であり修行です。

 

そして誰からでも学べるようになった時、自分がカリスマになっているのだと思います。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930